ラバーマグネット

名称:複合磁石 ボンド磁石
   (フェライト系、希土類系)

・ラバー磁石とは

ラバー磁石は焼結磁石では製造不可能な形状、任意の寸法に
簡単に打抜き、切断が出来ます。複雑な形状にも容易製作ができ
衝撃などによる破損もなく扱いやすい製品です。
高保持力タイプも取りそろえておりフェライト特有の低温減磁対策にも有効です。
フェライト系と希土類系磁石材料を合成ゴム系材料を配合したものが有ります。

等方性:ラバー磁石では一般的に使われていて
     文具・教材・初心者マークなどに使われています。

異方性:等方性より高い磁力を持ちに、強い吸着用途に使われたり
      マイクロモーターなどにも使われます。

着磁方法(パターン):軸方向着磁・片面多極着磁・両面多極着磁等が有ります。
一般的な磁化パターンの軸方向着磁をはじめ、多極着磁も容易にでき
弾力性に優れラバー磁石のため多様な着磁パターンが可能です。