サマコバ磁石

サマリウムコバルト磁石

名称:サマコバ磁石

Sm-Co系磁石(サマリウム・コバルト磁石)には
1-5系と呼ぶ「Sm-Co5」磁石と2-17系と呼ぶ「Sm2-Co17」磁石があります。
また、それぞれに縦磁場成型品と横磁場成型品の2種類があり
磁気特性、可能な磁極の方向などの制限があります。

縦磁場成型品 REC-18/18H REC-18B/22/24/26A/26AH
横磁場成型品 REC-20/20H REC-22B/26/30/32A/

この磁石の特長としては、フェライト磁石に対して
非常に高磁力が得られ(エネルギー積にして4~6倍)
アルニコ磁石並みの温度特性を持っていることです。

・サマリウムコバルト磁石とは

サマリウム・コバルト磁石(希土類磁石)
可逆温度係数がすぐれています。
1-5系   0.05%/℃
2-17系  0.03%/℃

□2-17系は1-5系に比べ、高価なサマリウムとコバルトの量を大幅に削減し、コストパフォーマンスを高めました。
□フェライト磁石に比べ、高エネルギー積を実現しました。
□可逆温度係数が優れています。
<主な用途>
ACサーボモータ、各種アクチュエータ、HDD用VCM、各種産業用・電装用モータ用、自動車用各種センサ、光ディスクピックアップ用、超小型VTRキャプスタンモータ用 等
高保磁力材REC32AH
従来のREC32Aの高保磁力タイプで、高温や強い減磁界で可能にしました。
<特長>
20KOe以上の高い保磁力を有します。
REC32AH磁気特性(横磁場成型品)
材質 Br(mT) HcB(kA/m) Hcj(kA/m) (BH)max(kj/㎥)
REC32AH 1110±30 796±48 1591 207±16
<使用上の注意>
1.サマリウム・コバルト磁石(希土類磁石)を着磁される際、磁界の大きさ、磁化の方法などが不適切な場合、設計どおりの磁気特性が得られないことがあります。あらかじめ弊社にご相談ください。
2.サマリウム・コバルト磁石(希土類磁石)は硬く、脆い性質を有しています。振動、衝撃が加わる用途に使用される場合、割れや脱落の恐れがあります。このような用途にご使用の場合、磁石が割れても脱落することのないよう設計にご留意ください
材質特性資料
<主な形状
下記形状よりご希望寸法をご連絡頂ければお見積致します。
丸型 (円柱 円板状) 
形状記号 D
D外形(a)×高さ(b)
a寸法(外形)
φ2~φ20mm
b寸法(高さ)
2~10mm
リング型
(内径をもつ円柱 円板状) 
形状記号 DH
DH外形(a)×内径(b)×高さ(c)
a寸法(外形)
φ3~φ30mm
b寸法(内径)
φ1.8~φ15mm
c寸法(高さ)
1~7mm
角型(板状)
形状記号 W
W巾(a)×長さ(b)×高さ(c)
a寸法(巾)
1.2~50mm
b寸法(長さ)
1.2~38mm
c寸法(高さ)
1~12mm
角型穴付  孔径dを持つ板状
形状記号 WH
WH巾(a)×長さ(b)×高さ(c)
金型の製作が必要です。
瓦状
形状記号C
C型については基本的に金型製作が必要になります。*別途お問合せ下さい。